お酢で脂っこい料理が食べやすくなります

お酢が好きで、いろいろな料理にかけて楽しむ人が増えています。 まずお酢は酸味が強く、食欲を増進してくれる効果が期待できます。 食欲がない時もお酢をかければ食べられるようになる、そんな経験がある人も多いでしょう。 例えばラーメンを食べている時に、最初は美味しかったけれどだんだんお腹が膨れてしまい残したくなる時があると思います。 苦肉の策でお酢をラーメンにかけてみたところ、急に食欲が増して残さずに食べきる事ができた…このような経験はないでしょうか。 まずお酢に含まれる酸味が、胃酸を分泌させて食欲を増進させます。 さらにお酢には油の粒子を細かくし、脂っこさを抑えてくれる力があります。 ラーメンスープには豚の背脂など脂肪分が多く含まれていて、脂っこく感じるケースが少なくありません。 お酢をかけるとラーメンスープの脂っこさが消えるため、最後まで食べきる事ができるようになるのです。 中華料理には脂っぽい料理が多いですが、同時にお酢が含まれている料理が多く、食べやすい仕上がりになっています。 例えば「酢豚」がそうです。 酢豚に使われる豚肉は、バラ肉など脂肪が多い部位が使われる事が多いです。 さらに豚肉と野菜を素揚げしているのですから、かなり脂っこく、胃腸が弱い人や、子どもは食べにくいはずです。 しかし、酢豚が脂っこくて食べにくいと感じている人はほとんどいないのではないでしょうか。 それは酢豚には文字通り、お酢が使われているからです。 また、肉汁たっぷりの小龍包や焼き餃子を食べる時も、そのまま食べるとそれほどたくさんの量は食べられないと思います。 しかし、お酢を入れたタレと一緒に食べると、さっぱりしていくらでも食べる事ができます。 これもお酢が小龍包や焼き餃子に含まれる脂っこさを、タレに含まれるお酢が中和してくれているからです。 外食をした時や、お弁当を食べる時に「脂っぽくて食べきれない」と思ったら、お酢をかけてみてください。 きっと最後まで美味しくいただくことができるはずです。

PR|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|健康マニアによる無病ライフ|オーディオ|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|生命保険の選び方|生命保険の口コミ.COM|童話|お小遣いNET|ショッピングカート|